塗って生やす!

cum injection

AGA治療にもうひとつ必須の薬の成分が『ミノキシジル』です。
多くの育毛剤にも含まれている成分のようですが、『ミノキシジル』は血管を拡張して、血流量を上げてくれます。
すると、元気をなくしていた毛乳頭細胞に栄養が届き、毛が育ちやすい環境になります。
毛の育ちを邪魔する男性ホルモンの作用は『プロペシア』がやっつけてくれていますので、邪魔者がいない状態なら、毛の育ちもその分スムーズになります。
この組み合わせがAGA治療の仕組みと言うわけです。
AGAでなければ、育毛剤だけでも変化があるかもしれませんが、AGAの可能性がある場合には組み合わせが断然効果が発揮されるのです。

『ミノキシジル』の副作用については、外用薬なので頭皮にピンポイントに影響を与えるということもあり、心配は要らないといえます。
とは言え、血管を拡張する作用があるので、低血圧や高血圧などの方は注意が必要です。念のため主治医に相談をしてみた方がいいでしょう。
また、こちらはホルモン等の成分も関係ないので、女性でも使用することが可能ですし。『プロペシア』のように妊婦が触ることの危険性なども考えなくてもいいでしょう。

『ミノキシジル』を使用する時のポイントがあります。
長期に渡るAGA治療ですから、少しでも早く効果を実感したいでしょうし、そのために効果が発揮されやすい状態で使用する方がいいでしょう?
一番効果があると考えられる使用のタイミングは就寝前。
22時~2時、成長ホルモンが最も多く分泌されているというこのタイミングに頭皮がいい状態であれば、その分毛が育つというわけですね。
この時間帯に寝るのが難しい方もおられるかもしれませんが、できるだけこの時間までにもちろん入浴も済ませて、綺麗な頭皮に『ミノキシジル』を塗布して後はしっかり休みましょう。